神奈川県で子育てを考えている方へお伝えしたいこと

外国の男の子
神奈川県の子育て事情
Pocket

「海に近いところで子ども育てたい」「山や湖で遊びたい」というお母さん・お父さんにご紹介したいのが神奈川県での子育てについてです。
横浜や川崎などのエリアがどういったことに力を入れているかにも見ものです!

子育て世代にオススメのオリジナルな支援策とは?
都市部をメインに保育所の待機児童が課題となっていますが、神奈川県では今年まで3年連続で待機児童が減っています。

中でも横浜市は認可保育所を増加させるなどし、2013年に待機児童数0人を達成しました。

そして、神奈川県内の3つの政令指定都市をはじめとして、オリジナルの子育て支援サービスを実施しています。
横浜市の待機児童0人に一役買った「保育コンシェルジュ」、川崎市に複数設置された「子育て支援センター」、相模原市に複数ヵ所ある「こどもセンター」など、エリアごとのお父さん・お母さんの需要に合わせた取り組みがあります。

保育所

知っておきたい教育環境は?
横浜市や川崎市に関しては、オリジナルの教材やプログラムを作っています。小中学校の9年間の教育を展開しています。「世界へ目を向けた教育」を目標とし、様々な教育プログラムを実施しています。

横浜市などの神奈川県内5つの市では小学校から外国語の授業を取り入れました。
小さいうちから外国語に触れることで、国際人を育成する基礎を作っています。
上記以外に、大和市の電子黒板や横須賀市のICT活用授業など新たな取り組みも把握できます。

安心・安全・快適な環境は?
都市部をメインにお子さんの見守りの防犯の取り組みが実施されています。
川崎市は、子どもたちの緊急避難先を用意して、エリアで子どもたちを見守る事業「こども110番」を行っています。茅ケ崎市などでもボランティアと協力して子どもの安全を見守っています。

そして、海も山もある神奈川県では、環境を活かしたイベントや事業が充実しています。
藤沢市では、市内複数ヵ所の「憩いの森」を自然が感じられる場所を提供しています。
平塚市の「湘南ひらつかビーチパーク」はマリンレジャーだけではなく、年間を通して遊べるところになっています。


東京で新しい生活をしようと思ったら様々なエリアが集まっている事から悩む事も多いんじゃないでしょうか。そんな時に考えてみるといいのが中野坂上です。中野坂上は新宿の近くで閑静な住宅街の広がっている街です。丸ノ内線を利用すれば新宿駅にも行けますし、渋谷も15分圏内です。
そんな住みやすい中野坂上で仲介手数料無料の賃貸を考えてみませんか。様々な条件がありますけど、その中でも仲介手数料無料の賃貸って魅力的ですよね。

シャボン玉を吹く子ども
神奈川県の子育て事情
子育て世帯は必見の自然と利便性が両立したエリア武蔵小杉をご紹介

川崎市は、若い子育て世帯に注目されており、人口の流入もあることから財政基盤も整っています。このことを …

乳児2
神奈川県の子育て事情
港北ニュータウンは待機児童0人。住みやすくて景色も素敵な街!

今までは、保育所の待機児童がたくさんいた横浜市ですが、2013年に待機児童0人を達成し、その姿勢が話 …